集客 リピート

スキルアップ

クチコミなどをしてくれる『強烈なファン』を作る方法

最近では、ポータルサイトなどで値段次第で簡単に集客ができる店舗が多くなっていますができれば過剰の値下げは避けたいものです。では、過剰な値下げをしないでお客様にご来店がいただけるような店舗はどのような事をやっているのでしょうか?過剰な値下げをしない店舗などで言える事は、その店舗に『強烈なお客様(ファン)』がいるという事です。そして、そのようなお客様はよいクチコミをしてくれるという事です。では、どのように『強烈なお客様(ファン)』を作っているのでしょうか?

クチコミなどをしてくれる『強烈なファン』はリピートを当然してくれて、他のお客様にも『クチコミ』などで宣伝等を行って頂けます。

ではそのようなお客様はいるのでしょうか?待っていて来るのはとても稀な事です。待って来ないのであれば、こちらから作っていきましょう。

次のような3ステップを気をつけてみてください。

1.お客様との接点を見直す

・接点を作れるような仕組みをつくる
・第一印象をアップさせる

お客様と接点を作れるような仕組みとはSNSやDMなどになります。SNSでお客様に気にしてただけるような情報を提供しつつ、DMといった手書きの気持ちのこもったモノも使います。DMなどは来店周期に来てない方や、3回の来店に繋がっていない方などをしっかりとフォローして接点をしっかりと持てるようにしましょう。
第一印象のアップの秘訣としては、『接客時にどうしますか?』と聞くより『どうしたのか?』を聞きましょう。特に初回来店時では『どうしたのか?』を聞く事によりお客様のニーズにより迫れる事になります。例えば

安かったから。でしたら、いつも金額だけでお店を選んで決まったお店がないお客様さのか?
引っ越して来たから。でしたら、引っ越し前はどのようなお店に行っていたのか?など

聞き方を変えるだけで、様々なことがわかり、『どうしましたか?』と聞くだけでカウンセリングにも入りやすくなります。

2.お客様との絆を育む

・信頼関係を築く仕組みをつくる
・コンタクトをしっかりととる
・フォローをする

信頼関係を育む為に、やる事はやはりフォローを絶やさない事です。ホームケアの方法や、前回の気付いた事などをしっかりとフィードバックを受けて技術力の向上、サービスの向上に繋げて行けばお客様が理由なく来なくなる事は無くなります。

先ほども話したように、デジタル&アナログ(SNS&手紙)でフォローをすることがお客様が大切にされていると思う事になるのです。

3.強烈なファンを育む

・良さをしっかりと伝える
・仕組みを連動させる

今は、情報が溢れている時代です。お店の良さ、スタッフの良さをしっかりと伝えていかないと、数多い情報の中で埋もれてしまします。やはりホームページは必要ですがホームページのみはあくまで、最低限になってしまいます。ブログは、人間らしさ、考えなどを一番伝えやすく気軽に更新もできます。

ブログで〇〇らしさをしっかりと伝えながら、親近感を持っていただきネットでは会えないからこその情報交換をしてみましょう。

まとめ

ただ過ごすだでは、何も変わりませんが、意識を少し変えることで行動が変わります。いつもの事だけど、目線を変えて内容を見直せば気づくことが多いはずです。

 

雑誌気付かないが雑誌から読み取る顧客心理前のページ

ワードプレスで大切なalt設定(オルト設定)次のページalt タグ SEO

ピックアップ記事

  1. マーケティングに大切なもの、第二章
  2. 看板のメニューを考えて来店動機を掴もう
  3. Facebook(フェイスブック)ページを変えたらブログアクセスが
  4. フェイスブックでブログのサムネイル(OGP)画像の確認方法
  5. 顧客満足度って大切だとディズニーで思った

関連記事

  1. ホットペッパー集客キレイ

    WEB知識

    ホットペッパービューティーのクチコミの大切さ(ネイル、まつげ、エステ)

    美容系のサロンではホットペッパービューティーの掲載は欠かせないと思いま…

  2. Macbook

    スキルアップ

    WEBディレクターの外で使うPCはMacで決定!

    見習いWEBディレクターのWEB−3110です。WEBディレク…

  3. インスタ タグ

    マーケティング

    開業前から、インスタグラムを有効に使う方法

    よくお店をオープンするので、いつから宣伝をすればいいのですか?と質問を…

  4. ドメイン年齢

    マーケティング

    自分のホームページの歴史(ドメイン年齢)を知ってますか?

    SEO対策(検索エンジン最適化)など気にされる方は多いと思います。その…

  5. POP 書き方

    スキルアップ

    魅せるPOP(ポップ)デザインを作る方法

    POPとは集客や販売における様々ツールとして使うことができます。使うな…

  6. 看板メニュー

    マーケティング

    看板のメニューを考えて来店動機を掴もう

    お客様の来店動機はで、一番多いのは通りかかりです。そこで有効的なのがお…

  1. エキ

    WEB知識

    サロン集客にエキテンを使い地域のコアユーザーを集めよう!
  2. 写真 バナー

    WEB知識

    PixlrEditor(ピクセラエディタ)でバナー作成方法
  3. セミナー

    プライベート

    先日のセミナーを終えて
  4. Macbook

    スキルアップ

    WEBディレクターの外で使うPCはMacで決定!
  5. 画像 ぼかす

    スキルアップ

    Affinity Photoで画像にグラデーションをかける
PAGE TOP