jeg png 違い

WEB知識

ロゴなどを写真に重ねる前に覚えておきたい事

今回は、画像にロゴなどを重ねる画像を作る前に覚えておいて頂きたい事があります。ロゴなど保存方法です。ロゴデータはaiデータという専用のAdobeのソフトがないと開けないケースが多いのですが必ずaiデータをもらいましょう。そのほかに(.png)(.ipg)といったデータでもらうようにしましょう。(.png)(.ipg)でしたら専用ソフトがなくても自由に開く事ができますよ。

aiデータはお店をやっていると色々なとにき必ず必要になります。ではそのほかの(.png)(.ipg)は必要ないのではとお思いになってしまいがちですが、専用ソフトがなくても開く事ができますのでご自身で画像などを作る時に役に立ちます。

では『.png』『.ipg』これってどちらがいいのでしょうか?

JPEG(.jpg)とPNG(.png)何が違うの?

画像の保存方法の違いですが、皆さんも比べて見てください。あまり変化はないと思います。正確に言うと人の目で見てもわからないです。画像の大きさや色の仕様の多さなどで使い分けた方が良いでしょう。また、ロゴなどを画像に重ねる場合は、背景があってはいけませんので必然的に保存方法が決まってしまいます。

JPEG(.jpg)

読み方は「ジェイペグ」または「ジェーペグ」。拡張子は「.jpg」です。たまに「.jpeg」ともみかけますが、同一です。たくさんの色を必要とする写真などに向いています。別の言い方をすると、輪郭がクッキリしていない、連続して色が変化する画像に適しています。そのような画像を対象とした場合、ファイルサイズも他の形式と比べ一番小さくなります。

PNG(.png)

線・文字や図形など輪郭のはっきりしたものや、色変化の少ない画像の保存に適しています。インターレース設定をして書き出せたり(後述)、背景の透過処理ができたり、可逆圧縮のため何度保存しなしても劣化は起こりません。

データでもらう際は気をつけて

特にロゴデータ等をもらう場合は、ai(イラストレーター)データでも必ずらうようにしてくだい。aiデータは、業者さんに渡せば、色を変えたり、引き伸ばしたりできます。ご自身のパソコンで開けないからといって決して捨てないでください。

まとめ

ロゴは、お店の場所が変わったり、チラシやホームページなど様々なところで使います。必ずPCに入れておいたり、USBなどにいれて保存しておきましょう。特にオープンを控えている場合などはいつどこで必要になるかわかりませんからね。

ピックアップ記事

  1. マーケティングに大切なもの、第二章
  2. ロゴ作成ってどうするの?
  3. Facebook(フェイスブック)ページのリーチ・エンゲージメントとは
  4. ホームページリニューアルしたいけど検索順位さげたくない!
  5. ロゴ作成で大切なこと

関連記事

  1. Affinity Photo 画像を丸く切り取る

    WEB知識

    Affinity Photoで画像を丸く切り取る方法

    Affinity Photoで画像を丸く切り取る方法をお伝えします。バ…

  2. 目 画像

    WEB知識

    WordPress(ワードプレス)でアイキャッチ画像を設定する

    Wordpress(ワードプレス)で記事などを書く際ですが、記事を書く…

  3. チラシ 読んでる

    WEB知識

    基本をマスターして読まれるチラシを作る方法

    デザインの基本についてです。元々僕の場合はWEBディレクターをしており…

  4. 記事 メモ

    WEB知識

    読まれるブログを作る為に必要な事

    読まれるブログを書く方法は、様々あると思います。書くだけなら出来ると思…

  5. WEB知識

    WEBディレクターなら覚えておいた方がいいシュートカットキー

    WEBディレクターは電車の中、合間時間での作業など様々な時にパソコンを…

  6. WEB知識

    Photoshopを使わずに画像加工をする無料ソフト

    サイト作成・バナーの作成などをする際はAdobe Photoshop …

  1. マーケティング 基本

    マーケティング

    マーケティングに大切なもの、第二章
  2. 見せ方 写真

    マーケティング

    POPなどターゲット別の見せ方・伝え方
  3. ターゲット 的 狙う

    WEB知識

    知っているようで知らない。ターゲットとペルソナの違いは
  4. 子供 感謝 手紙

    独り言

    やっぱり家族っていいもんだな。子供から学ぶ事多し。
  5. ドメイン年齢

    マーケティング

    自分のホームページの歴史(ドメイン年齢)を知ってますか?
PAGE TOP