チラシ 読んでる

WEB知識

基本をマスターして読まれるチラシを作る方法

デザインの基本についてです。元々僕の場合はWEBディレクターをしておりました。最近はチラシの仕事も多く携わっているので一体どのようなチラシが読まれるのか?という事について考えていきたいと思います。WEBもチラシも同じ事といえばいかに読まれるように書くかという事です。正確にいえばどこを読んで欲しいかという事だと思います。では、WEBとの違いも含めて考えたいと思います。

チラシとWEBの作りは違う

まずは、チラシとWEBの違いを理解していただきたいと思います。まず、チラシは紙がインクを吸って表すものです。WEBの場合は画面が光で表すものです。なので文字の縁取りなどを気をつけなくてはなりません。

チラシは文字の縁取りが濃い色を使う方が綺麗
WEBは文字の縁取りをぼかしても綺麗

チラシでは縁取りをボカしてしまうと、印刷前は綺麗でも印刷後にがっかりする場合があります。出来るだけ文字の縁取りの色ははっきりと使いましょう。

使うフォント(文字)も、できるだけ読みやすいフォントを使いはっきりとした色を使いましょう。ボカして文字を重ねるなどはせず文字を重ねる場合は、読みやすい色を使い重ねましょう。

読ませたいポイントを考える

WEBの場合は、文字を書けばページが長くなるでけですがチラシではかける面積が決まっています。書きたい事を全て書いてしまうと文字だらけになり必然と文字が読みづらくなってしまします。特に年配の方が見る場合などは、文字が小さくするのは避けましょう。

問題視するべき事は全体の文字が小さくなってしまう事です。全体的に文字を詰め込み小さくしてしまうと文庫本のようになってしまいます。文庫本なら買う人もいるでしょうが、チラシ等が文庫本の様な感じではみたとしても読んでもらえる確率は低くなるでしょう。もし文字が細かく読みにくくなってしまう様なら、手書き風のフォント(文字)で、少しでも受け入れてもらいやすくする方がいいでしょう。

飛ばし読みをさせる事を考える

チラシを作る上で当然全部を読んで欲しい訳ですが、なかなか全部は読んでいただけないものです。ユーザー目線になれば、チラシの文章を全て読む人は少ないでしょう。自分が本当に困っている事であれば別ですが、まずは視線を捕まえる事を優先すべき事なのです

デザインの基本であるジャンプ率

デザインの基本でもあるジャンプ率です。下記の写真を見てください。細かい文章のフォント(文字)サイズは同じです。◆の後ろのフォント(文字)サイズが違うだけです。どちらの方が読みやすいでしょうか?

これが、チラシの中全部にぎっしりだとどう思うでしょうか?

ジャンプ率 比較

ジャンプ率が低い方では、◆の見出しも読み飛ばしてしまう可能性も出てきます。逆に言えば見出しが読みづらくなってしまっています。

 

まとめ

チラシは全部を読んで欲しいものですが、読まれるとは限りません。人がどの様に見てくれるのかをシッカリと考えてフォントの大きさ・写真との重ね具合など気をつけてチラシは作成しましょう。

ハサミ 画像PixlrEditor(ピクセラエディター)で画像の切抜き前のページ

WEBも看板も見てもらえる広告の共通する点とは次のページ街の広告 写真

ピックアップ記事

  1. 大阪で2つのセミナーを開催します。
  2. 物事を極端に考えることをやめること
  3. ロゴ作成で大切なこと
  4. Facebook(フェイスブック)ページを変えたらブログアクセスが
  5. 顧客満足度って大切だとディズニーで思った

関連記事

  1. 404 エラー

    WEB知識

    サイトをリニュアールしたら、Googleからエラーメールが来た

    皆さま、ドメインをそのままホームページをリニューアル出来るのは知ってい…

  2. フェイスブック 画像

    WEB知識

    フェイスブックは最大の口コミ・プロモーション

    色々なSNSがありますが、今回はFace bookの特徴をご案内したい…

  3. ワードプレス

    スキルアップ

    気になるサイトのプラグインの調べ方

    人気のあるサイト・SEOの上位サイトはどのようなプラグインを使っている…

  4. 口コミ 集客

    WEB知識

    口コミ連動型のホームページ作成

    今回は、口コミ連動型のホームページの作成をさせて頂きましたのでその事に…

  5. インスタ写真

    WEB知識

    ブログにインスタのタイムラインの画像を表示させる方法

    最近は、色々な美容師さんや、ネイリストさんなどとお話しをさせて頂いてお…

  6. ショッピング セール

    スキルアップ

    効果を最大限引き出せるPOP(ポップ)作りの基本

    良く聞くPOPですが、実際のところ良くわからない事も多いのですが、まず…

  1. アクセス 下がる

    プライベート

    Facebook(フェイスブック)ページを変えたらブログアクセスが
  2. ポケット画像

    スキルアップ

    情報を後で読もうと思った際にすごく便利なpocket
  3. マーケティング

    マーケティングって会社のどの部署がやるべき?
  4. 雪 差別化

    スキルアップ

    ちょっとした投稿でも差別化を図る
  5. プロモーション アピール

    WEB知識

    より好まれる・より効果が出るプロモーション方法
PAGE TOP