ドメイン年齢

マーケティング

自分のホームページの歴史(ドメイン年齢)を知ってますか?

SEO対策(検索エンジン最適化)など気にされる方は多いと思います。その中で重要になってくるのがドメイン年齢です。自分のURL(アドレス)『http://web-3110.com』がどのぐらい歴史があるのかが以外に需要です。

ドメイン年齢が需要な理由は

インターネットの世界は、毎日様々な情報が生まれています。その中で、昔から情報を出しているところは、検索エンジンから高評価を得られるようになります。

旅行に行く際に老舗旅館のことを一度は調べますよね?インターネットの世界も同じで老舗はアクセスが集まりやすくなります。

自分のドメインの年齢を知ろう!

まずは自分のドメインの年齢を調べて見ましょう!
こちらのサイトから、ドメインの年齢を調べる事ができます。

https://www.domainage.jp

ドメイン年齢調べる

自分の年齢を調べた次にする事は

当然、自分のサイトのドメイン年齢を調べる事が出来たら他のドメインの年齢を調べてみましょう!

ここでは、どこでもいいわけではありません。地域の強豪サロンのドメイン年齢を調べてください。そこで大手サロンを調べての意味がありません。ドメインとは『.com』『.jp』などと言ったところまでになります。大手サロンになると『beautygarage.jp/sakurashinmachi/』のように、『.jp』の後ろに『/』スラッシュがついているのがほとんどです。
出来るだけ、『.com』『.jp』でまでのサロンを調べるといいでしょう。

参考までに、『beautygarage.jp/index.html/』といったドメインもあると思います。実はこの『index.html/』の部分を削除作をしてみてください。削除した後が『beautygarage.jp』と同じものが表示されるのと思います。その店舗のTOPページに当たるのが、『.com』『.jp』までになります。

自分の歴史と競合サイトの歴史を比較しよう

自分のサイトの歴史と競合サイトの歴史を比較してどっちの方が歴史があるのかをまずは知りましょう。他との比較ができないと『井の中の蛙』になってしまいますからね。

ホームページの歴史(ドメイン年齢)を知る理由

お店を出すのも、出した後の技術を提供しても、自分が一番を言い続ける事が出来ますか?答えは『分からない』だと思います。比較できるから基準が分かり、自分の立ち位置が分かるようになると思います。何事も、周りを意識する。もしくは、アンテナを張り自分を客観的に見れるようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. 開業前から、インスタグラムを有効に使う方法
  2. フェイスブックでブログのサムネイル(OGP)画像の確認方法
  3. マーケティングに大切なもの、第二章
  4. ホームページリニューアルしたいけど検索順位さげたくない!
  5. ロゴ作成で大切なこと

関連記事

  1. エキ

    WEB知識

    サロン集客にエキテンを使い地域のコアユーザーを集めよう!

    サロン集客にエキテンを使い地域のコアユーザーを集めよう!ってエキテン?…

  2. マーケティング 基本

    マーケティング

    マーケティングに大切なもの、第二章

    先日の記事でも書きましたが、マーケティングに必要な要素の最初は広く浅く…

  3. ネット 好き

    WEB知識

    SE0対策・クローラーに気に入られるホームページとは

    では、具体的にどの様なホームページが『クローラー』に、良い評価を得られ…

  4. スキルアップ

    価値観を変えることで生まれる『カタチ』

    今回は、価値観を変えることで生まれる『カタチ』についてマーケテ…

  5. 見せ方 写真

    マーケティング

    POPなどターゲット別の見せ方・伝え方

    当然ですが、お店などは様々な人が訪れます。会話であればその人の顔色や、…

  6. ロゴ 作成

    マーケティング

    ロゴ作成で大切なこと

    サロンの開業時は、色々な準備に追われて色々と費用がかかってしまいます。…

  1. 雪 差別化

    スキルアップ

    ちょっとした投稿でも差別化を図る
  2. 画像 ぼかす

    スキルアップ

    Affinity Photoで画像にグラデーションをかける
  3. チラシ 読んでる

    WEB知識

    基本をマスターして読まれるチラシを作る方法
  4. ホームページ

    よくある質問

    ホームページがリニューアルできないと思ってる方
  5. 404 エラー

    WEB知識

    サイトをリニュアールしたら、Googleからエラーメールが来た
PAGE TOP