ドメイン年齢

マーケティング

自分のホームページの歴史(ドメイン年齢)を知ってますか?

SEO対策(検索エンジン最適化)など気にされる方は多いと思います。その中で重要になってくるのがドメイン年齢です。自分のURL(アドレス)『https://web-3110.com』がどのぐらい歴史があるのかが意外に需要です。

ドメイン年齢が需要な理由は

インターネットの世界は、毎日様々な情報が生まれています。その中で、昔から情報を出しているところは、検索エンジンから高評価を得られるようになります。

旅行に行く際に老舗旅館のことを一度は調べますよね?インターネットの世界も同じで老舗はアクセスが集まりやすくなります。

自分のドメインの年齢を知ろう!

まずは自分のドメインの年齢を調べて見ましょう!
こちらのサイトから、ドメインの年齢を調べる事ができます。

https://www.domainage.jp

ドメイン年齢調べる

自分の年齢を調べた次にする事は

当然、自分のサイトのドメイン年齢を調べる事が出来たら他のドメインの年齢を調べてみましょう!

ここでは、どこでもいいわけではありません。地域の強豪サロンのドメイン年齢を調べてください。そこで大手サロンを調べての意味がありません。ドメインとは『.com』『.jp』などと言ったところまでになります。大手サロンになると『beautygarage.jp/sakurashinmachi/』のように、『.jp』の後ろに『/』スラッシュがついているのがほとんどです。
出来るだけ、『.com』『.jp』でまでのサロンを調べるといいでしょう。

参考までに、『beautygarage.jp/index.html/』といったドメインもあると思います。実はこの『index.html/』の部分を削除作をしてみてください。削除した後が『beautygarage.jp』と同じものが表示されるのと思います。その店舗のTOPページに当たるのが、『.com』『.jp』までになります。

自分の歴史と競合サイトの歴史を比較しよう

自分のサイトの歴史と競合サイトの歴史を比較してどっちの方が歴史があるのかをまずは知りましょう。他との比較ができないと『井の中の蛙』になってしまいますからね。

ホームページの歴史(ドメイン年齢)を知る理由

お店を出すのも、出した後の技術を提供しても、自分が一番を言い続ける事が出来ますか?答えは『分からない』だと思います。比較できるから基準が分かり、自分の立ち位置が分かるようになると思います。何事も、周りを意識する。もしくは、アンテナを張り自分を客観的に見れるようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. ウェブデザイン技能検定3級 合格しました。
  2. 大阪で2つのセミナーを開催します。
  3. ホームページリニューアルしたいけど検索順位さげたくない!
  4. 顧客満足度って大切だとディズニーで思った
  5. 開業前から、インスタグラムを有効に使う方法

関連記事

  1. マーケティング 基本

    マーケティング

    マーケティングに大切なもの、第一章

    最近は色々なお客様と打ち合わせをさせて頂いております。色々なサイトがあ…

  2. html タグ タイトルタグ キーワード 

    WEB知識

    SEOの基本《TDKH》について知っていますか?

    前回の記事で書きましたがSEOの基本となる部分の《TDKH》について考…

  3. 集客 リピート

    スキルアップ

    クチコミなどをしてくれる『強烈なファン』を作る方法

    最近では、ポータルサイトなどで値段次第で簡単に集客ができる店舗が多くな…

  4. WEB知識

    メディアの使い方

    アクセス数を増やしたくても増やせない方。たくさんいると思います。自社メ…

  5. ネット 好き

    WEB知識

    SE0対策・クローラーに気に入られるホームページとは

    では、具体的にどの様なホームページが『クローラー』に、良い評価を得られ…

  6. 看板メニュー

    マーケティング

    看板のメニューを考えて来店動機を掴もう

    お客様の来店動機はで、一番多いのは通りかかりです。そこで有効的なのがお…

  1. 広告 画像

    マーケティング

    目立てばいいの?見せるかではなく何を見ようとしているのか?
  2. ピンタレスト

    WEB知識

    まだブックマーク?Pinterest を活用しよう
  3. 街の写真

    マーケティング

    店舗をオープンする前に地域を研究する
  4. 充電

    充電スポット

    大宮駅|充電スポット
  5. 看板メニュー

    マーケティング

    看板のメニューを考えて来店動機を掴もう
PAGE TOP