インスタ写真

WEB知識

ブログにインスタのタイムラインの画像を表示させる方法

最近は、色々な美容師さんや、ネイリストさんなどとお話しをさせて頂いておりますが感じたことは皆さん発信する『力』が非常に強いということがわかります。お店ではみなさんホームページがなどでは色々なギャラリーを載せていると思います。スタッフでも個人ブログを書いているのなら個人的に発信しているブログをベースに考えた方が良いと思います。

僕のブログのウィジェットには色々なSNSをつけてるのですが今回はInstagramを貼り付ける方法を紹介します。非常に簡単なので皆さんもやって見て下さい。

ブログのウィジェットにインスタのタイムライン表示

実に簡単なので説明する必要もないかもしれませんが…。

まずは下記のサイトにアクセスします。

http://instawidget.net/

 

インスタグラム タイムライン

最低限の設定

【ユーザー名】web_3110
僕の場合のURLは、https://www.instagram.com/web_3110/なので一番後ろの【web_3110】がユーザー名になります。

【ウィジェット幅】サイトにより異なります。
このサイトはウィジェット幅は290pxになっていますので290と入れます。

【その他】お好みでどうぞ。

設定が一通り終わったら

全てが終わったら、下のプレビューボタンを押して下さい。右側にどの様に表示されるのかが出て来ます。確認をして埋め込みコードを取得します。
後はWordPressのウィジェットのテキストを開き先ほどのコードを貼り付ければOKです。

補足

外枠の色・文字の色等がありますが、この設定です。ネットでいい色があってもその色がわからないことはよくあると思います。その時、役に立つのがChromeの拡張機能のColorPick Eyedropperです。お好きな色のコードを読み取ってくれます。

ColorPick Eyedropper

ここの拡張機能に追加されます。やってみて下さい。拡張機能を停止する場合は『esc』で停止できまます。

残念なこと

ただし、これで作ってもレシポンシブ対応出ないのでタブレットで見られると少し寂しくなってしまうのと、写真をクリックして詳細に入ると広告が表示されてしまうという点です。

 

まとめ

SNSは色々とありますが、ユーザーもあれこれチェックするのは大変です。ホームページ・ブログなどのオフィシャルサイトにはただのバナー(ボタン)だけではなくタイムラインを入れた方がいいと思います。このサイトでは右側に並べています。

ピックアップ記事

  1. 4年振りに…。やらかしました。
  2. マーケティングに大切なもの、第二章
  3. ウェブデザイン技能検定3級 合格しました。

関連記事

  1. タグ カテゴリー

    WEB知識

    WordPress(ワードプレス)のカテゴリーとタグって

    豆知識ですね。ワードプレスでブログを書いている方多いです。そこで、書い…

  2. ワードプレス

    スキルアップ

    気になるサイトのプラグインの調べ方

    人気のあるサイト・SEOの上位サイトはどのようなプラグインを使っている…

  3. 記事 メモ

    WEB知識

    読まれるブログを作る為に必要な事

    読まれるブログを書く方法は、様々あると思います。書くだけなら出来ると思…

  4. Pinterest  ピンタレス

    WEB知識

    まだブックマーク?Pinterest を活用しよう

    まだブラウザでサンプルサイト等をブックマークしていますか?僕もそうでし…

  5. 最終目標 ゴール

    WEB知識

    何事も、始める前が大切だなぁ〜。最終目標の設定!

    今日は、セミナーに参加してきました。今回参加したのは、WEBのキャ…

  6. 調べる ネット

    WEB知識

    皆さんはスマホ?パソコン派(PC派)

    久しぶりにブログ書きました。皆さんはネットを使うときってどんなときです…

  1. 画像 重ねる

    スキルアップ

    画像加工の知らないでは済まされない最低限の用語
  2. jeg png 違い

    WEB知識

    ロゴなどを写真に重ねる前に覚えておきたい事
  3. ホームページ 白 黒

    ホームページ作成

    クーポンサイトの中で印象を残すホームページとは
  4. サロン集客の庭 WEB3110

    独り言

    WEB3110は新しいカテゴリー追加しました。
  5. 見せ方 写真

    マーケティング

    POPなどターゲット別の見せ方・伝え方
PAGE TOP