スマホ 画像

WEB知識

スマホサイトがあるだけではダメな時代へ突入ですね

Googleが新たな検索エンジンの対策を発表しました。今までの常識を覆すかのような出来事ですね。今までモバイルフレンドリーといってスマホサイトがあればSEO対策では問題ではなかったのですが、今度はスマホサイトがあるだけではなく内容が充実していなければなりません。

今までとどのように変わるのかと言いますと…。

スマホサイトがあるでけではダメな理由

Googleの発表した『モバイル ファースト インデックス』(Mobile First Index : MFI)の影響です。最近発表されたのですが、これが劇的です…。世界的にどれだけスマホサイトが普及しているのかが現れた結果だと思います。では、何がどうなったのかです。

今までの検索エンジンはドメインの年数が古くサイトが更新されていてユーザーに昔から最新の情報を発信し続けたサイトが上位検索の条件になっていました。少し前に言われたスマホサイト用のGoogleのアップデートがモバイルフレンドリーでした。

ではモバイルフレンドリーってなんぞや?

モバイルフレンドリーとは

簡単にご説明させて頂きます。スマホで検索しサイトを見る際に『ピンチアウト』といって画面を指を使って広げ文字をを大きくすることがあると思います。
※文字が小さい場合はみんなしますよね。

これをいけない。文字が見づらいのはユーザーが使いづらいのサイトです。スマホサイトを表示させましょう。指で広げなくても見やすい情報を与えなさい!というのがモバイルフレンドリーでした。

モバイル ファースト インデックス(Mobile First Index : MFI)で変わること

怖いところですが、今までのGoogleの対策は全て基準がパソコンサイトでした!言い方は悪いのですがスマホサイトさえあればモバイルフレンドリー対応になっていました。検索の対象はパソコンサイトでスマホサイトがあれば検索順位には影響が出ませんでした。

検索エンジンが見てる内容

主) パソコンサイト
サブ)スマホサイト

主となるパソコンサイトのコンテンツが重要でしたが

今後は

主) スマホサイト
サブ)パソコンサイト

になります。

スマホサイトのコンテンツが検索エンジンの基準になる

今後はスマホサイトがSEOの基準になります。今までスマホサイトを作らずにいた方。もしくは、スマホサイトを簡易的に済まされていた方大打撃です。スマホサイトがしっかりしていないと検索エンジンから高評価はえられません……。

とりあえずで、モバイルフレンドリー対応されていた方も今後はスマホサイトの作成や対策をされた方がいいと思います。

 

まとめ

スマホサイトが検索の基準にはなりますが、サイトが表示されなくなることはないのでご安心ください。やはり思うのは、なんでも日頃からアンテナを立て常にリスクヘッジすることですね。とりあえずいいや。ではいけない。『その場しのぎは、その場しのぎにしかならず。』ってことですかね。

ピックアップ記事

  1. ウェブデザイン技能検定3級 合格しました。
  2. マーケティングに大切なもの、第二章
  3. 4年振りに…。やらかしました。

関連記事

  1. jeg png 違い

    WEB知識

    ロゴなどを写真に重ねる前に覚えておきたい事

    今回は、画像にロゴなどを重ねる画像を作る前に覚えておいて頂きたい事があ…

  2. 記事 メモ

    WEB知識

    読まれるブログを作る為に必要な事

    読まれるブログを書く方法は、様々あると思います。書くだけなら出来ると思…

  3. 最終目標 ゴール

    WEB知識

    何事も、始める前が大切だなぁ〜。最終目標の設定!

    今日は、セミナーに参加してきました。今回参加したのは、WEBのキャ…

  4. ネット 好き

    WEB知識

    SE0対策・クローラーに気に入られるホームページとは

    では、具体的にどの様なホームページが『クローラー』に、良い評価を得られ…

  5. html タグ タイトルタグ キーワード 

    WEB知識

    SEOの基本《TDKH》について知っていますか?

    前回の記事で書きましたがSEOの基本となる部分の《TDKH》について考…

  6. WEB知識

    Photoshopを使わずに画像加工をする無料ソフト

    サイト作成・バナーの作成などをする際はAdobe Photoshop …

  1. alt タグ SEO

    WEB知識

    ワードプレスで大切なalt設定(オルト設定)
  2. マーケティング

    マーケティングって会社のどの部署がやるべき?
  3. マーケティング

    なぜマーケティングは必要なのか?
  4. THE タイトルタグ

    サポート

    titleタグ(タイトルタグ)とは
  5. 自転車 写真

    マーケティング

    人は、どんな時に行動にうつすのか?
PAGE TOP