マーケティング 基本

マーケティング

マーケティングに大切なのは、広くと深く。

最近は色々なお客様と打ち合わせをさせて頂いております。色々なサイトがある中で、色々な集客方法があると思います。

逆に言えばそれぞれのサイトの特色があります。これって逆手に取った方が良くないですか?自社のホームページで検索上位を狙っても、なかなか検索上位に出てこないこともあると思います。逆に地域によっては出す事が皆無です。では、そこで自社サイトで検索の上位を狙うのって。。かなりの労力を使うけど見合ってない。それが意外な現実

そこでチャレンジしてみるリスティング

このリスティングもかなり大変です。リスティングとは、下記のようなGoogleや、yahooに料金を払って検索の上位に表示させる箇所になります。

リスティング 広告

Google自体の運営がり立っているのは、ここの広告掲載費あってこそです。では、リスティング広告とは何なのか?という事です。リスティングとは、自分の狙っているキーワードをの単価を決め入札する方法です。ユーザーがクリックして初めて料金が発生いたします。入札単価が高ければ絶対に掲載されますが、キーワードによってはかなり高額な入札単価になっております。1クリックが¥300円などになってきます。不動産関係で言えば¥500円など。例えば、1クリックが¥300円で1ヶ月内に1000クリックされたとしたらいくらになるのでしょうか?

300円×1000クリック=¥300,000円

になる訳です。が、地域によっては、ポータルサイトよりも30万円の方が広告費用としては安いと思う方いると思いますが、これに+(プラス)されるのが、ネームバリュー(ブランディング)になります。『地域 業態』で検索してもその店舗が怪しければいきません。特にビックキーワードの場合はユーザー側も色々と見てからの方が非常に多いです。

例えば

  • 渋谷 美容室
  • 渋谷 マッサージ
  • 青山 美容室
  • 銀座 美容室
  • 銀座 エステ
  • 恵比寿 ネイル

など、様々なキーワードが思い浮かべられると思います。ここに普通のお店のホームページが出てきて効果的に作用するかと言えば、アクセス数は増えるかもしれませんが、来店は=(イコール)にはなりません。それは、ユーザーが求める情報とマッチしてない可能性が多いからです。

上記のような、『潜在的なニーズ』のお客様はお店が決まってません。なので、様々な店の閲覧が可能なポータルサイトの方が効率が良いと考える訳です。

アクセス数は大切=来店ではない。

アクセス数はとても大事ですが、アクセス数=来店数ではありません。アクセス数が増えれば、それは見てる方が多いので来店には繋がりますが、費用をかけるとしたらどうなのでしょうか?見比べられるだけで効果につながってないと言う事は良く聞いています。

では、リスティングをするには、どのようにすればいいのか?その内容は次回に書きたいと思います。

 

ピックアップ記事

  1. ウェブデザイン技能検定3級 合格しました。

関連記事

  1. 街の写真

    マーケティング

    店舗をオープンする前に地域を研究する

    新規でお店をオープンする際は、どのような場所が良いのでしょうか?ご自宅…

  2. エキテン 地域 集客 

    WEB知識

    エキテンを使いコアユーザーを集めるという事は

    先日書いた『サロン集客にエキテンを使い地域のコアユーザーを集めよう!』…

  3. 雑誌 写真

    マーケティング

    気付かないが雑誌から読み取る顧客心理

    様々なお店で置いてある雑誌ですが、皆さんは何故雑誌を置いていますか?…

  4. プロモーション アピール

    WEB知識

    より好まれる・より効果が出るプロモーション方法

    今ではブログ等で自身のアピールがしやすく、それをFacebookやTw…

  5. インターネット

    マーケティング

    インターネットが苦手な方へ

    最近、色々な方のブログを読ませて頂いています。会社でも、色々な方とお話…

  6. マーケティング

    マーケティングって会社のどの部署がやるべき?

    生活をする上でも、マーケティングはしているのはわかっていただいたと思い…

  1. スマホ 画像

    WEB知識

    スマホサイトがあるだけではダメな時代へ突入ですね
  2. インターネット

    マーケティング

    インターネットが苦手な方へ
  3. マーケティング 基本

    マーケティング

    マーケティングに大切なのは、広くと深く。
  4. ショッピング セール

    スキルアップ

    効果を最大限引き出せるPOP(ポップ)作りの基本
  5. マーケティング

    マーケティングって会社のどの部署がやるべき?
PAGE TOP