時間 名前 共有

独り言

お客様を名前で呼んでますか?共有してますか?

先日、美容室にホームページのご案内をさせて頂きました。しかも、営業時間内にです。

理由としては、担当者がネットの発信をしているのですが昼間ならオーナーもいて少し話しを聞けるかもとの事でした。(オーナーとは、案の定少しだけしかお話し出来ませんでした…。)

行ってると、サロンのスタッフは女性のみで、元気で明るい!すごい明るく迎えてくださりとてもいいお店だなぁ〜〜と思いました。しかも女性ばかりでみんな気がきくお客様もいらっしゃったので色々とお店の見れたのですが素晴らしいところが非常に多いお店でした。

お客様を名前で呼ぶ

まぁ〜、普通ですよね。でも、スタッフ全員がお客様の事を知ってるんです。お客様の顔を見ると『●●さん、こんにちわ。』や、『●●さん、お怪我はもう大丈夫なんですか?』などなど、スタイリストさんであれば、自分のお客様は覚えていると思いますが、このお店は、みんな覚えていて。ご来店されたお客様が誰のお客様なのかな?と、思うほどでした。

名前をみんなが知ってるだけで、お客様はとても嬉しい事だと思います。しかも、元気で明るい、挨拶を聞いていても気持ちいい感じです。

地域の事を、しっかり知ってる。

お客様の施術が終わりお会計の時に、『▲▲のところに、新しいお店が出来たの知ってます?人がいつもいて、美味しいのかもしれません。まだ、私は行った事が無いのですが。笑』など、たわいもない事ですが、次に来た時の話しに繋げやすいなぁ〜。と、ただ会計して終わりではなく。しっかりと、コミュニケーションをとる準備をしている。

こーゆうのって、男性では中々持ち合わせてないところだな?と、正直思ってしまいました。

お見送りが素晴らしい

このお店は、空中店(二階)だったのですがお見送りは一階までお見送りする。これも、なかなか出来ない。エレベーター前までお見送りするケースなどは多いと思いますが一階までお見送りとは、なかなか出来ないです。

こんな事されたら、大切にされてるって思いますよ。

このような事が差別化につながるんだな。と思いました。みなさん、お忙しい中でお仕事されていると思います。でも、どこまでを仕事、お客様のためと思うかだと思いました。これは、このお店はしか出来ない事ではないと思いますが、こんな対応されたら、また来ようかと思ってしまいます。

店内も白を基調に、明るいウッド調の扉なんか、とてもいい感じでした。

僕もお見送りされました。

お客様でもないのに、お見送りされました。『齊藤さん、ありがとうございました。』僕のほうこそ、色々と気付きを頂き感謝です。

やっぱり、サービス・気持ちは伝わりますね。

ピックアップ記事

  1. ロゴ作成で大切なこと
  2. 看板のメニューを考えて来店動機を掴もう
  3. Facebook(フェイスブック)ページを変えたらブログアクセスが
  4. Facebook(フェイスブック)の好かれるプロフィール
  5. Facebook(フェイスブック)ページのリーチ・エンゲージメントとは

関連記事

  1. セミナー

    日記

    先日のセミナーを終えて

    先日12/12にセミナーを終えて、様々なことを感じさせられました。…

  2. アクセス 下がる

    独り言

    Facebook(フェイスブック)ページを変えたらブログアクセスが

    最近、少しずつブログの更新をしていてアクセス数も徐々に増えていたのです…

  3. 睡眠 枕 写真

    独り言

    良いパフォーマンスをする為にしっかりとした睡眠の大切さ

    素朴な質問です。みなさんは寝るときに枕使いますか?妻が枕を買っ…

  4. 薄い財布 山藤 5円 ご縁

    独り言

    5%値引くより、意味のある5円の方がいい

    完全に独り言なので、読みたい方のみで。。。2017年がスタート…

  5. 独り言

    デジタルな時代だからこそのアナログの大切さを実感

    完全に独り言です。最近、とても便利だと思います。特にスマホです…

  6. 時間ない 時計

    スキルアップ

    サロン開業までに集客ツールを作る期間と流れは意外に短い

    サロン開業までのお手伝いを色々としておりますが、サロン開業に向けては資…

  1. 街の写真

    マーケティング

    店舗をオープンする前に地域を研究する
  2. ワードプレスって なに

    よくある質問

    Word Press(ワードプレス)って何?
  3. フェイスブックページ とは

    WEB知識

    Facebookページと個人ページとの違いとは
  4. チラシ 読んでる

    WEB知識

    基本をマスターして読まれるチラシを作る方法
  5. 雪 差別化

    スキルアップ

    ちょっとした投稿でも差別化を図る
PAGE TOP