目 画像

WEB知識

WordPress(ワードプレス)でアイキャッチ画像を設定する

WordPress(ワードプレス)で記事などを書く際ですが、記事を書くだけでなく、アイキャッチ画像を設定しましょう。ワードプレスに反映されないからと言って設定のしない方もよくいますが、実に勿体ない話です。

グーグルの検索エンジンはテキスト文字を拾いますが、画像にもALTタグ(オルトタグ)と言って文字を読み込ませることも可能になります。前にALTタグ(オルトタグ)についての記事を書いておりますので、詳細を知りたい方は『ワードプレスで大切なalt設定(オルト設定)』をご覧ください。

アイキャッチ画像はどこから設定をする

まず、アイキャッチ画像を設定する場合は各記事の投稿ページを開いて頂きます。記事ページの右側の一番下にあると思います。スマホで記事を書いている方ですと、投稿本文の下に『カテゴリー』があり、その下ぐらいに表示されていると思います。下記の画像がPCで開いた際の場所になります。

アイキャッチ 画像 場所

ここをクリックして頂くと画像をメディアから選ぶ形になります。『ワードプレスで大切なalt設定(オルト設定)』でより効率的な画像の設定をしましょう。

アイキャッチや、画像にaltを設定すると何が良いのか

キーワードを埋め込む事が出来る

通常の画像ですと、撮影をした日時などが数字の羅列で表示されていると思います。そうすると、グーグルは画像を数字と認識をしますが、altタグを設定すると、画像を文字で読み込んで頂けます。つまり、画像にキーワードを入れてグーグルに読み込ませる事が可能になります。記事の中に違和感の無くキーワードなどが設定を出来る訳です。

シェアされた時に画像が表示される

書いた記事をシェアされた際に画像付きで紹介が出来る。Facebookなどで投稿で見かけると思いますが、画像付きで紹介が出来ます。文字だけで紹介するよりもイメージアップにつながりますし、自分の投稿が文字だけより長く表示されますので、より目に付きやすくなります。

オルト 設定後 画像  ※このように表示がされます。

WordPress(ワードプレス)でアイキャッチ画像を設定のまとめ

慣れてしまえばオルトの設定は、1分などで出来てしまいます。その1分で、記事にキーワードを盛り込めたり、拡散する際の投稿を欄を長く表示させ、かつ見栄えが良くなるのでやらないメリットが無いと思います。これをやるだけで、記事内にキーワードが自然にふえたり出来るのでぜひ行ってください。

ピックアップ記事

  1. Facebook(フェイスブック)の好かれるプロフィール
  2. ウェブデザイン技能検定3級 合格しました。
  3. ロゴ作成で大切なこと
  4. マーケティングに大切なもの、第二章
  5. 大阪で2つのセミナーを開催します。

関連記事

  1. FBページ作成

    WEB知識

    店舗のFacebook(フェイスブック)ページの作成方法

    いままで何回かFacebookページについての事を書いており、なんとな…

  2. 手帳 写真

    WEB知識

    ディレクション大事な事〜スケジュール管理〜

    僕がディレクションをするにあたり気を付けている事その②です。色…

  3. スマホ 画像

    WEB知識

    スマホサイトがあるだけではダメな時代へ突入ですね

    Googleが新たな検索エンジンの対策を発表しました。今までの常識を覆…

  4. OGP サムネイル

    WEB知識

    フェイスブックでブログのサムネイル(OGP)画像の確認方法

    先日、知り合いのオーナーさんが気にされていたので、記事にしたいと思いま…

  5. html タグ タイトルタグ キーワード 

    WEB知識

    SEOの基本《TDKH》について知っていますか?

    前回の記事で書きましたがSEOの基本となる部分の《TDKH》について考…

  6. ピンタレスト

    WEB知識

    Pinterest(ピンタレスト)でWEBサイト全体がスクショできない

    Pinterest(ピンタレスト)をダウンロードをしたけれどWEBサイ…

  1. 考える 迷い

    WEB知識

    SEO・検索エンジンの対策する前に知らないといけない事
  2. エキテン 地域 集客 

    WEB知識

    エキテンを使いコアユーザーを集めるという事は
  3. Affinity Photo 髪の毛まで 綺麗に切り取る

    WEB知識

    Affinity Photoで髪の毛一本まで切抜く方法
  4. 独り言

    デジタルな時代だからこそのアナログの大切さを実感
  5. WEB知識

    メディアの使い方
PAGE TOP