記事 メモ

WEB知識

読まれるブログを作る為に必要な事

読まれるブログを書く方法は、様々あると思います。書くだけなら出来ると思っている方いると思いますが書くのって以外に大変ですよ。会社で当番制でブログを書いているならまだしも、個人でブログを書くのは以外と大変な事だと思います。皆さんもどんな記事を書いていいのか迷うことも多いと思います。。一番悩むのは内容になります。ブログの内容は書き続けることで最も大変な事になります。

専門性の記事を書き続けることの大変さ

専門性のブログの方が当然いいのですが、書くことは以外に大変で専門性だけのブログを書き続けることは大変なことだと思います。それだけで毎週500文字以上の記事をかける方は是非ともやったほうがいいと思います。多分大体の方が、一人で書き続けることはできないと思います。ではどんな内容を書けば良いのかご案内したいと思います。

実は専門性だけを見ているわけではない

ネット使ってSNSや検索でブログを見るのがきっかけが、ほとんどだと思います。専門性が強いからそのブログを読むことは多いと思います。でも最近は、そのブログを書いている人を紹介していたり、この『記事を書いた人はこんな人』などと、ライターを紹介するケースも多くなっています。書いている人を知りたいことって思った事ありませんか?どんな考えなの人なのかを考えた事ってありませんか?今は、SNSなどで気軽に繋がれて情報共有が出来る時代です。だからこそ、専門性以外の人間性が必要な時代なのかもしれません。

キーワードはしっかりタイトルやhタグに入れよう

ただ単に『●●に行ってきましたぁ〜』『●●を食べました!』だけでは意味がありません。具体性がなく、キーワードにもなりません。

例えば

『桜新町の美味しいトンカツ屋 ●●に行ってきましたぁ〜。』
『渋谷で●●ってカフェで、ゆっくりとしてきました。』
など

できれば【どこで?どんな?何を?】をキーワードに入れて自分の人間性を知ってもらう事と【桜新町 美味しい トンカツ】などのキーワードで検索に上がっていけるような対策を忘れずにしてください。この記事ではサイト全体での専門性がなくなってしまうかもしれませんが、サブ要素として『食通』が成り立ちます。そのサブ要素をカテゴリーで分ければブログを訪れる人も見やすくそのカテゴリーのページが検索エンジンで当たる可能性は出てきます。

前に書いた、キーワードが深くなればそれだけコアユーザーが集まります。前のエキテン記事を参考にしてください。

エキテン記事

このような事で記事を書いていけば読まれるようになるブログになり、日々書くことがいつもより楽になると思います。

ピックアップ記事

  1. Facebook(フェイスブック)ページを変えたらブログアクセスが
  2. ロゴ作成で大切なこと
  3. 大阪で2つのセミナーを開催します。
  4. Facebook(フェイスブック)の好かれるプロフィール
  5. 4年振りに…。やらかしました。

関連記事

  1. ハサミ 画像

    WEB知識

    PixlrEditor(ピクセラエディター)で画像の切抜き

    前回の続きです。Pixlr Editor(ピクセラエディター)を使い画…

  2. FBページ作成

    WEB知識

    店舗のFacebook(フェイスブック)ページの作成方法

    いままで何回かFacebookページについての事を書いており、なんとな…

  3. WEB知識

    Photoshopを使わずに画像加工をする無料ソフト

    サイト作成・バナーの作成などをする際はAdobe Photoshop …

  4. チラシ 読んでる

    WEB知識

    基本をマスターして読まれるチラシを作る方法

    デザインの基本についてです。元々僕の場合はWEBディレクターをしており…

  5. 目 画像

    WEB知識

    WordPress(ワードプレス)でアイキャッチ画像を設定する

    Wordpress(ワードプレス)で記事などを書く際ですが、記事を書く…

  6. ブログを書く

    WEB知識

    ブログ機能が検索エンジンに有利になる理由

    最近では、ホームページ作成会社から『Word Press(ワードプレス…

  1. インターネット

    マーケティング

    インターネットが苦手な方へ
  2. 画像 重ねる

    スキルアップ

    画像加工の知らないでは済まされない最低限の用語
  3. マーケティング 基本

    マーケティング

    マーケティングに大切なもの、第二章
  4. 大阪ビューティガレージ セミナー

    マーケティング

    大阪で2つのセミナーを開催します。
  5. ドメイン年齢

    マーケティング

    自分のホームページの歴史(ドメイン年齢)を知ってますか?
PAGE TOP