画像 ぼかす

スキルアップ

Affinity Photoで画像にグラデーションをかける

バナーやメインビジュアルの写真などの写真に使えるグラデーションの掛け方を書いていきます。Affinity PhotoとはMac専用の画像加工ソフトになりますのですが、使い方はAdobeのPhotoshopと変わらないのでPhotoshopの方も、是非ご覧になって頂ければと思います。

まずは、画像を開きフィツター>ぼかしを選択します。

ぼかしのに種類がありますので注意してください。

ガウスぼかし=画像にモザイクをかける
光彩拡散=光がある部分を広げる
ボックスぼかし=画像に四角モザイクをかける
モーションぼかし=画像をズラしてぼかします
放射状ぼかし=画像を回転させながらぼかします
ズームぼかし=画像をズームアップさせながらぼかします
フィールドぼかしの深度=部分的にぼかしを入れます
フィールドぼかしの深度>椿円形=丸を作り中心から遠いところほど濃くなります
フィールドぼかしの深度>ティルトシフト=横や縦でぼかしを入れます

フィールドぼかしのティルトシフト

今回使うのはフィールドぼかしのティルトシフトを使います。

ティルトシフトを使うと下記のような画面が出てきます。線が横になっています。このまま半径のところをみぎにズラしてPxを大きくすると上下にぼかしがかかっていきます。中心をずらせば片側だけにぼかしがかかってきます。

Affinity Photo ぼかし

左右をぼかす

上記の線に青い丸がついているところを動かせばぼかす箇所が上下ではなく左右になります。ぼかしの範囲を左右で変えることも出来ますし、片側だけをぼかすことも可能になります。

ぼかしの範囲 左右ぼかしの範囲 片側だけ

半径を変える

半径を変えれ右にズラしPx数を大きくすれば、ぼかしが大きくかかります。

ぼかし具合は、他のフォントなのことを考えて調整していきましょう。

まとめ

ただ画像をぼかすだけでしたら、簡単ですが文字(フォント)を入れる場合などは、フォントの読みやすさなどを考えなければなりません。レイヤーを上手に使って微調整を繰り返してみましょう。

 

ピックアップ記事

  1. 大阪で2つのセミナーを開催します。
  2. ロゴ作成で大切なこと
  3. 自分のホームページの歴史(ドメイン年齢)を知ってますか?
  4. Facebook(フェイスブック)の好かれるプロフィール
  5. マーケティングに大切なもの、第二章

関連記事

  1. 大切な事 メモ

    スキルアップ

    ディレクション大事な事〜事前準備〜

    僕がディレクションをするにあたり気を付けている事その①です。こ…

  2. 雪 差別化

    スキルアップ

    ちょっとした投稿でも差別化を図る

    ちょっとした事ですが、差別化を図る方法があります。1/22(月…

  3. SEO

    WEB知識

    SEOなどに有効で、色々な意味でいいドメインってあるの?

    自分のWEBサイト(ホームページ)などえを持つ際は独自ドメインを取得す…

  4. 手帳 写真

    WEB知識

    ディレクション大事な事〜スケジュール管理〜

    僕がディレクションをするにあたり気を付けている事その②です。色…

  5. 時間ない 時計

    スキルアップ

    サロン開業までに集客ツールを作る期間と流れは意外に短い

    サロン開業までのお手伝いを色々としておりますが、サロン開業に向けては資…

  6. 街の広告 写真

    スキルアップ

    WEBも看板も見てもらえる広告の共通する点とは

    今はサイト作成をしたり印刷関係の仕事もしています。色々と仕事をしている…

  1. WEB知識

    WEBディレクターなら覚えておいた方がいいシュートカットキー
  2. ブログを書く

    独り言

    ブログの記事を続ける大切さ
  3. タイトル 付け方

    スキルアップ

    チラシや記事の上手なタイトルの付け方
  4. フェイスブック フォロー

    WEB知識

    Facebook(フェイスブック)の好かれるプロフィール
  5. ショッピング セール

    スキルアップ

    効果を最大限引き出せるPOP(ポップ)作りの基本
PAGE TOP