考える 迷い

WEB知識

SEO・検索エンジンの対策する前に知らないといけない事

みなさんが悩んでいるSEOですが、上位検索の対策はみんな考えていますがどのように対策をすればいいのか悩む方は非常に多いと思います。今は、ワードプレス・外部リンクなど昔から色々な事が言われすぎていて何が良いのか分からない方も多いと思います。

では一体どのように検索の対策を行えばいのか?またどうやってWEBサイト(ホームページ)を、検索エンジンに引っ掛けやすくする方法をご説明します。

まずは検索の対策をする上で、大切な事を考えましょう。

どのように検索エンジンを使うか考える。これが重要です。

まずは、どのように検索エンジンを使うかを考えましょう。スマートフォンが普及しているので手軽に様々な情報が読み取れるようになっていると思います。その方がインターネットを使う時はどの方な時でしょうか?

今の情報を知りたがっている

会社仲間と一緒に行く『居酒屋探し』
家族で旅行に行く『計画作り』
子供が虫に刺されて『症状のが知りたい』

など

使うには目的があります。目的に応じて検索するワードが違ったり、検索して探すページ数が変わってきます。自分なら何ページまで探すのかを考えましょう。

会社仲間と一緒に行く『居酒屋探し』

会社仲間と一緒に行く『居酒屋探し』この場合も2つのパターンがあると思います。

  1. 会社を出たから今からい居酒屋探し
  2. 来週末に行くから事前予約をしたい

この場合、狙っているターゲットはどちらになりますか?

1、の場合ですと移動時間の20〜30分以内に店を決めると考えた場合は2ページぐらいしか探しません。ましてポータルサイト(食べログ・ぐるなび)などの入ってしまえば、Google・Yahooといった検索の1ページの全てを見ることもなくなってしまいます。ポータルサイト内は様々な店があるのでそれだけで十分になってしまいます。ある程度の予算と合えばそれでいいと考えます。

2、の場合ですと、事前に探しているので探す時間は十分にあります。それゆえにポータルサイトだけでは決めずに、お店の雰囲気や料金の比較など探している方はしっかりとしたニーズありますのでお店のコンセプトなどもしっかりと打ち出す必要があります。
キーワードでいうと、『居酒屋』という、キーワードより、『個室・コース・食べ放題・のみ放題』といった様々なキーワードが検索さてると思います。絞ったキーワードで2〜3ページ程は検索されると思います。

家族で旅行に行く『計画作り』

こちらは、完全な企画が必要になるので、5ページ前後検索ページを探すと思います。やはり時間にも、余裕があるのと居酒屋などより、大きな金額がかかるため検索をした上で判断をすると思います。その他、旅行等になると、1つだけを調べるだけでなくその他の予定なども関わってくるので検索するキーワードは多くなくても背景にあるものは大きくなります。色々なキーワードを調べたうえで考えているのでホテルを探す以外は、スケジュールに合うかどうかで決まる事もあるという事になります。1番お金がかかることは宿泊料ですし、当然良いところなら印象や旅行のイメージは良くなるのでみんなしっかり探したいところだと思います。

子供が虫に刺されて『症状のが知りたい』

子供の事は緊急性があるのとキーワードの完全一致などで、より具体的にあっていそうなキーワードを探します。例えば『背中の赤い斑点』などです。

上記で上げている居酒屋などは『新宿 居酒屋』・『新宿 個室』・『軽井沢 旅行』などといったようにキーワードの間にスペースを入れて検索をしますが、このようによりニーズが具体化されている場合は文章で検索される事もあります。

どこをターゲットにするか

自分でWEBサイト(ホームページ)はどこのキーワードを狙いたいかを考えてください。ただ検索の上位を言ってもターゲットが違ってしまっては、上がっているだけでコンバージョン(目的達成)にはなりません。

時に今では、ロングテールと言って完全一致キーワードや、キーワードが3つ以上重なるようなキーワードを設定してブログページの1つ1つに設定して何ページモブログを書き、細かくキーワードを拾い上げていくようなサイトが人気があります。

完全一致などでは、求めているキーワードが明確で、そこに共感が出来るユーザーがいればWEBサイト(ホームページ)のファン化ができます。これがロングテールとなりサイトコンテンツ(内容)を出してく強みになります。

 

まとめ

検索結果を決めているのは『クローラー』という、WEB上のロボットです。

上記の内容をクローラーが判断し検索に適切な情報と判断し検索結果に反映させます。

誰に、どのような情報を伝えたいのか?見た人がどのように感じるのか?その点を考えれて情報を伝えていきたいです。例え自分の中で知っていて当然という事も書いた方が良いと思います。理由は、自分が知っていると言っても他の人が、同じ内容をわかっているとは限らないし他に同じ情報があったとしても書き方や言葉の選び方で伝わりやすさや伝わり方が違ってくるからです。スマートフォンが普及して検索のニーズも多様化してきています。

 

 

ピックアップ記事

  1. 効果的な紹介カードをつくって、効果的に紹介を貰う
  2. 自分のホームページの歴史(ドメイン年齢)を知ってますか?
  3. フェイスブックでブログのサムネイル(OGP)画像の確認方法
  4. 4年振りに…。やらかしました。
  5. 看板のメニューを考えて来店動機を掴もう

関連記事

  1. jeg png 違い

    WEB知識

    ロゴなどを写真に重ねる前に覚えておきたい事

    今回は、画像にロゴなどを重ねる画像を作る前に覚えておいて頂きたい事があ…

  2. 404 エラー

    WEB知識

    サイトをリニュアールしたら、Googleからエラーメールが来た

    皆さま、ドメインをそのままホームページをリニューアル出来るのは知ってい…

  3. ハサミ 画像

    WEB知識

    PixlrEditor(ピクセラエディター)で画像の切抜き

    前回の続きです。Pixlr Editor(ピクセラエディター)を使い画…

  4. スマホ 画像

    WEB知識

    スマホサイトがあるだけではダメな時代へ突入ですね

    Googleが新たな検索エンジンの対策を発表しました。今までの常識を覆…

  5. フェイスブック 画像

    WEB知識

    フェイスブックは最大の口コミ・プロモーション

    色々なSNSがありますが、今回はFace bookの特徴をご案内したい…

  6. フェイスブック フォロー

    WEB知識

    Facebook(フェイスブック)の好かれるプロフィール

    Facebook(フェイスブック)は、様々な人が使っていてサロンの宣伝…

  1. Macbook

    スキルアップ

    WEBディレクターの外で使うPCはMacで決定!
  2. WEB知識

    メディアの使い方
  3. ワードプレス

    スキルアップ

    気になるサイトのプラグインの調べ方
  4. 街の広告 写真

    スキルアップ

    WEBも看板も見てもらえる広告の共通する点とは
  5. jeg png 違い

    WEB知識

    ロゴなどを写真に重ねる前に覚えておきたい事
PAGE TOP