Macbook

スキルアップ

WEBディレクターの外で使うPCはMacで決定!

見習いWEBディレクターのWEB−3110です。

WEBディレクターって外出が多く、外でPCを使うケースがほとんどだと思います。
自分は営業時代はパナソニックのパソコン「レッツノート」を使用していました。(5年前ぐらいの…)

使っていてというより使い方が違ってきたのでMacのPCをお勧めしています。
ますは、営業時代の使い方としては、お客様とのメールのやりとり、メールの送付、会議資料の作成ぐらいでした。

 

ディレクターになってからは、お客様とのやりとりをデザイナーに伝えなくてはいけないので画像に修正を加えたり、内容を確認しながら文章の記入をしたりと使い方がディレクターになってからは複雑化しています。Windows最前面のウィンドウしかスクロールできませんがMacでは後の画面をタッチしなてもスクロールが出来ます。

これが便利です。会社ではディエルモニターなので画面を自由に使えますが、ノートPCでは画面の広さが決まっているでチョットしたことで使いやすさは違ってくると思います。

その他の便利な機能

Spotlight検索

Mac 便利な機能 Spotlight検索

control+spaceで出てくる検索窓です。

これではメール・PDF・ ブックマークなどPC内のものが色々と検索でます。しかも処理速度が速いのはとても助かります。

 

Dookの設置

そのほかDockの位置なども自由に選べるところです。下だとスクロールする際にDockが出現しやすくなってしまうので僕は左に設定しています。理由としてはウィンドウのボタンが左上にあるからです。

Mac Dock 左

 

その他便利はアプリ

そのほかアプリもiPhoneと同期できるので使いやすいです。

僕が主に使っているアプリは

EVERNOTE

おすすめ アプリ エバーノート

エバーノートはブラウザでも開く事も可能ですが、Macの場合はアプリがあるのでアプリで使用しています。エバーノートは、スマホのアプリでもあるのでメモとしてフル活用しています。。その他検索の機能があり、メモなどを探す際に非常に便利に使えます。

LINE

おすすめ アプリ ライン

言わずとしれた、SNSです。
説明は不要だと思います。一点きになる所といえば、PDFや写真等のデータの保存が1週間という事です。

この2つはやりとりが非常多いアプリだと思います。

自分の使い方をカスタマイズできるので使いやすさは格段に上がるのがMacのいいところだと思います。

 

 

 

充電あざみ野駅|充電スポット前のページ

菊名駅|充電スポット次のページ充電

ピックアップ記事

  1. ロゴ作成ってどうするの?
  2. ロゴ作成で大切なこと
  3. 物事を極端に考えることをやめること
  4. 4年振りに…。やらかしました。
  5. Facebook(フェイスブック)ページのリーチ・エンゲージメントとは

関連記事

  1. ポケット画像

    スキルアップ

    情報を後で読もうと思った際にすごく便利なpocket

    みなさんは、ブログなどはいつ読んでいますか?Fecabookなどで、気…

  2. WEB知識

    メディアの使い方

    アクセス数を増やしたくても増やせない方。たくさんいると思います。自社メ…

  3. 雪 差別化

    スキルアップ

    ちょっとした投稿でも差別化を図る

    ちょっとした事ですが、差別化を図る方法があります。1/22(月…

  4. ハサミ 画像

    WEB知識

    PixlrEditor(ピクセラエディター)で画像の切抜き

    前回の続きです。Pixlr Editor(ピクセラエディター)を使い画…

  5. 手帳 写真

    WEB知識

    ディレクション大事な事〜スケジュール管理〜

    僕がディレクションをするにあたり気を付けている事その②です。色…

  6. WEB知識

    Photoshopを使わずに画像加工をする無料ソフト

    サイト作成・バナーの作成などをする際はAdobe Photoshop …

  1. jeg png 違い

    WEB知識

    ロゴなどを写真に重ねる前に覚えておきたい事
  2. html タグ タイトルタグ キーワード 

    WEB知識

    SEOの基本《TDKH》について知っていますか?
  3. 充電

    充電スポット

    菊名駅|充電スポット
  4. スキルアップ

    価値観を変えることで生まれる『カタチ』
  5. 独り言

    デジタルな時代だからこそのアナログの大切さを実感
PAGE TOP