Macbook

スキルアップ

WEBディレクターの外で使うPCはMacで決定!

見習いWEBディレクターのWEB−3110です。

WEBディレクターって外出が多く、外でPCを使うケースがほとんどだと思います。
自分は営業時代はパナソニックのパソコン「レッツノート」を使用していました。(5年前ぐらいの…)

使っていてというより使い方が違ってきたのでMacのPCをお勧めしています。
ますは、営業時代の使い方としては、お客様とのメールのやりとり、メールの送付、会議資料の作成ぐらいでした。

 

ディレクターになってからは、お客様とのやりとりをデザイナーに伝えなくてはいけないので画像に修正を加えたり、内容を確認しながら文章の記入をしたりと使い方がディレクターになってからは複雑化しています。Windows最前面のウィンドウしかスクロールできませんがMacでは後の画面をタッチしなてもスクロールが出来ます。

これが便利です。会社ではディエルモニターなので画面を自由に使えますが、ノートPCでは画面の広さが決まっているでチョットしたことで使いやすさは違ってくると思います。

その他の便利な機能

Spotlight検索

Mac 便利な機能 Spotlight検索

control+spaceで出てくる検索窓です。

これではメール・PDF・ ブックマークなどPC内のものが色々と検索でます。しかも処理速度が速いのはとても助かります。

 

Dookの設置

そのほかDockの位置なども自由に選べるところです。下だとスクロールする際にDockが出現しやすくなってしまうので僕は左に設定しています。理由としてはウィンドウのボタンが左上にあるからです。

Mac Dock 左

 

その他便利はアプリ

そのほかアプリもiPhoneと同期できるので使いやすいです。

僕が主に使っているアプリは

EVERNOTE

おすすめ アプリ エバーノート

エバーノートはブラウザでも開く事も可能ですが、Macの場合はアプリがあるのでアプリで使用しています。エバーノートは、スマホのアプリでもあるのでメモとしてフル活用しています。。その他検索の機能があり、メモなどを探す際に非常に便利に使えます。

LINE

おすすめ アプリ ライン

言わずとしれた、SNSです。
説明は不要だと思います。一点きになる所といえば、PDFや写真等のデータの保存が1週間という事です。

この2つはやりとりが非常多いアプリだと思います。

自分の使い方をカスタマイズできるので使いやすさは格段に上がるのがMacのいいところだと思います。

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 自分のホームページの歴史(ドメイン年齢)を知ってますか?
  2. 看板のメニューを考えて来店動機を掴もう
  3. 顧客満足度って大切だとディズニーで思った
  4. Facebook(フェイスブック)ページのリーチ・エンゲージメントとは
  5. ロゴ作成で大切なこと

関連記事

  1. プロモーション アピール

    WEB知識

    より好まれる・より効果が出るプロモーション方法

    今ではブログ等で自身のアピールがしやすく、それをFacebookやTw…

  2. エキテン 地域 集客 

    WEB知識

    エキテンを使いコアユーザーを集めるという事は

    先日書いた『サロン集客にエキテンを使い地域のコアユーザーを集めよう!』…

  3. スキルアップ

    ブログ開設しました。

    ブログを開設しました。初めまして。自分はWEBディレク…

  4. ピンタレスト

    WEB知識

    Pinterest(ピンタレスト)でWEBサイト全体がスクショできない

    Pinterest(ピンタレスト)をダウンロードをしたけれどWEBサイ…

  5. html タグ タイトルタグ キーワード 

    WEB知識

    SEOの基本《TDKH》について知っていますか?

    前回の記事で書きましたがSEOの基本となる部分の《TDKH》について考…

  6. 集客 リピート

    スキルアップ

    クチコミなどをしてくれる『強烈なファン』を作る方法

    最近では、ポータルサイトなどで値段次第で簡単に集客ができる店舗が多くな…

  1. ネット 好き

    WEB知識

    SE0対策・クローラーに気に入られるホームページとは
  2. 看板メニュー

    マーケティング

    看板のメニューを考えて来店動機を掴もう
  3. ロゴ作成

    よくある質問

    ロゴ作成ってどうするの?
  4. スマホ 画像

    WEB知識

    スマホサイトがあるだけではダメな時代へ突入ですね
  5. 画像 重ねる

    スキルアップ

    画像加工の知らないでは済まされない最低限の用語
PAGE TOP