エキテン 地域 集客 

WEB知識

エキテンを使いコアユーザーを集めるという事は

先日書いた『サロン集客にエキテンを使い地域のコアユーザーを集めよう!』の後編になっております。先回の記事をまだ読まれてない方は前の記事をお読みください。前回ではお客様が移動する商圏が決まっている。やはり商圏が自宅周辺のことが多いと思います。限られた中で如何にお客様は良いお店を探すのでしょうか?

1番はリアルな口コミ

奥様方の井戸端会議です。井戸端会議ケッコーやってませんか?1時間も良く話せるなぁ〜。っと感心をしてしまうこともあります。ですが、『類は友を呼ぶ』ではないですが、1人が良いという事は伝染します。特に、悪い方の噂はカナリ早く広まって行きます。また、仲が悪い方同士が同じ店に行きたくないという事もあるようです。

2番目は意外にもインターネットでの口コミ検索です

リアルな口コミの次はネットでも口コミを探す方が多いようです。特に、金額が高い場合・人の目に触れにくい隠れ家サロンなどは、『桜新町 BG 口コミ』と言ったように明確なニーズとして探されているケースがあるようです。エステなどの場合は、『桜新町 エステ 口コミ』などと言ったように、人の意見を取り入れる場合が多いようです。

金額が高い場合・人の目に触れにくい=入りにくいお店のようです。が入店して頂きしっかりとしたサービスを提供できれば、逆に固定客になって頂ける割合は高くなっています。

 

口コミを検索ワードに入れると『エキテン』が

ここで言いたいのが、高額サービスなどを受ける場合は『地域 業態 口コミ』で検索をするとエキテンが上位に表示されるケースが多いです。しかも、エキテンって掲載料が無料のものある。

先日のブログにも書きましたが、キーワードの数が3つや4つとキーワードを複数入れ検索をするにあたりコンバージョンが高くなります。(お客様が探している目的に近くなります。)ましてや、口コミといったようなキーワードを入れ慎重に探しているようなお客様こそ、地域のコアユーザーになります。このお客様を最大限のサービスでリピートに繋がることができれば、井戸端会議などでも広げてくれることでしょう。

 

慎重にお店選びをしている方だからこそ

慎重にお店を探しているから、他の人い意見を気にしています。最初では、簡単にキーワードを入れてネット検索だけかもしれませんが、簡単にキーワード等で出てくる。お店に行き尽くした後は、より、より良くて自分だけのお店を探しているということです。

 

まとめ

個人的な意見です。ポータルサイトはやった方がいいと思いますが、全部をやるわけにはいかないと思います。単価下げてもら来店数を増やしたいのか?来店数より客単価にこだわるのか?

サロンを経営するにあったての、従業員数や地域のバランスが非常に重要なので、無理のない予算を組んでそれぞれの役目を明確にした方がいいと思います。

インスタ写真ブログにインスタのタイムラインの画像を表示させる方法前のページ

出会いは大切に、できる限り訪問したいと思います。次のページ栃木 訪問

ピックアップ記事

  1. Facebook(フェイスブック)の好かれるプロフィール
  2. 【最適プランの選び方】ホットペッパー|エステサロン/ネイルサロン編
  3. 看板のメニューを考えて来店動機を掴もう
  4. 4年振りに…。やらかしました。
  5. ホームページリニューアルしたいけど検索順位さげたくない!

関連記事

  1. ドメイン

    スキルアップ

    まず、はじめにやったこと

    ブログを開設するに当たりまず最初やったことは、ドメインの取得です。…

  2. ロゴ 作成

    マーケティング

    ロゴ作成で大切なこと

    サロンの開業時は、色々な準備に追われて色々と費用がかかってしまいます。…

  3. 404 エラー

    WEB知識

    サイトをリニュアールしたら、Googleからエラーメールが来た

    皆さま、ドメインをそのままホームページをリニューアル出来るのは知ってい…

  4. グーグルビジネスプロフィール

    WEB知識

    Googleビジネスプロフィールのプライバシー厳しくない?

    GoogleマイビジネスがGoogleビジネスプロフィールに2021年…

  5. ネット 好き

    WEB知識

    SE0対策・クローラーに気に入られるホームページとは

    では、具体的にどの様なホームページが『クローラー』に、良い評価を得られ…

  6. 考える 迷い

    WEB知識

    SEO・検索エンジンの対策する前に知らないといけない事

    みなさんが悩んでいるSEOですが、上位検索の対策はみんな考えていますが…

  1. インスタ写真

    WEB知識

    ブログにインスタのタイムラインの画像を表示させる方法
  2. 404 エラー

    WEB知識

    サイトをリニュアールしたら、Googleからエラーメールが来た
  3. アクセス 下がる

    プライベート

    Facebook(フェイスブック)ページを変えたらブログアクセスが
  4. ターゲット 的 狙う

    WEB知識

    知っているようで知らない。ターゲットとペルソナの違いは
  5. OGP サムネイル

    WEB知識

    フェイスブックでブログのサムネイル(OGP)画像の確認方法
PAGE TOP