Affinity Photo 髪の毛まで 綺麗に切り取る

WEB知識

Affinity Photoで髪の毛一本まで切抜く方法

Affinity Photoでの画像切り取り方法をお伝えします。画像加工と云えば、AdobeのPhotoshopがかなり有名です。ですが、Photoshopは月額制のため私はMac専用ソフトを購入しました。今回は美容室などではかなり使う基本技、人物の切り取り加工をしたいと思います。

Affinity Photoで画像を開こう

まずは、アプリを起動したら『ファイル』から『開く』で画像を開きたと思います。画像にもよりますが出来るだけ背景と人物がハッキリと色が分かれている方が切り取り易くなります。切り取る予定がある場合は、撮影時に気をつけた方が良いと思います。

Affinity Photo 画像開く

切り取りたい範囲を選択

選択ブラシツールを使い範囲をまずは指定していきます。この際はあくまでザックリで構いません。少し広めに選択することをお勧めいたします。

選択ブラシツールは上から4番目になります。

Affinity Photo 選択ブラシツール

選択範囲の参考です。選択ブラシツールの『幅』を小さくしてしまうと範囲の選択が大変なので人物がですと幅200以上にしてしまっても問題はないと思います。ここでは髪の毛1本まで気にしなくて大丈夫です。

Affinity Photo 切り取り範囲選択

次に髪の毛1本まで切り取ります

選択しましたら、上部の編集をクリックします。そうすると、選択範囲の調整というウィンドウが出現しますのでそのでオーバーレイのまま、調整ブラシをマットのまま200pxぐらいに合わせます。

Affinity Photo オーバーレイ

 

そして人物のお周りを謎っていきます。選択が終わると髪の毛1本まで切り取りができています。選択はにはピンク色になりますので一目でどこが選択されているのかわかるようになっています。

Affinity Photo 選択箇所

髪の毛1本まで切とれた

もう、これで髪の毛1本まで切とれてます。先ほどの選択範囲の調整でオーバーレイのプルダインで白黒を選択して見たら、綺麗に切とれているのがわかると思います。後は、お好きなように保存をお願いします。プレビューで透明を選択してレーヤーとして保存しても好し、マスク付きレイヤーと保存しても好しです。

Affinity Photo 選択範囲 白黒

まとめ

Affinity Photoはまだまでインターネットでも説明があまり出てこないのですが、Photoshopを使ったことがある方でしたら意外と使えるかもしれません。僕自身、Photoshopはあまり使えませんでしたから。

Photoshopに比べると説明は少ないですが、月額980円のPhotoshopより6000で購入したAffinity Photoの方が安いイメージは受けました。

 

ピックアップ記事

  1. 自分のホームページの歴史(ドメイン年齢)を知ってますか?
  2. 看板のメニューを考えて来店動機を掴もう
  3. ロゴ作成で大切なこと
  4. Facebook(フェイスブック)ページのリーチ・エンゲージメントとは
  5. 大阪で2つのセミナーを開催します。

関連記事

  1. FBページ作成

    WEB知識

    店舗のFacebook(フェイスブック)ページの作成方法

    いままで何回かFacebookページについての事を書いており、なんとな…

  2. POP 書き方

    スキルアップ

    魅せるPOP(ポップ)デザインを作る方法

    POPとは集客や販売における様々ツールとして使うことができます。使うな…

  3. Macbook

    スキルアップ

    WEBディレクターの外で使うPCはMacで決定!

    見習いWEBディレクターのWEB−3110です。WEBディレク…

  4. スキルアップ

    どの商品で勝負をするのか?

    だだ商品を販売するのでは、会社は成り立ちません。販売個数や売上は同じで…

  5. ハサミ 画像

    WEB知識

    PixlrEditor(ピクセラエディター)で画像の切抜き

    前回の続きです。Pixlr Editor(ピクセラエディター)を使い画…

  6. 街の広告 写真

    スキルアップ

    WEBも看板も見てもらえる広告の共通する点とは

    今はサイト作成をしたり印刷関係の仕事もしています。色々と仕事をしている…

  1. マーケティング

    マーケティングって会社のどの部署がやるべき?
  2. THE タイトルタグ

    よくある質問

    titleタグ(タイトルタグ)とは
  3. フェイスブックページ とは

    WEB知識

    Facebookページと個人ページとの違いとは
  4. 気遣い

    独り言

    サービス業を見ているから、気になることサービスの差別化とは
  5. スマホ 画像

    WEB知識

    スマホサイトがあるだけではダメな時代へ突入ですね
PAGE TOP