ハサミ 画像

WEB知識

PixlrEditor(ピクセラエディター)で画像の切抜き

前回の続きです。Pixlr Editor(ピクセラエディター)を使い画像の切抜きの仕方を書いていきたいと思います。アイコンを切り取ったり、写真を合成する際にも必ずこの切り取りが基本となってきます。最低限切り取りができるようになって置くと以外に便利なことも多いはずです。

まずはパソコンがインターネットに繋がっている状態でピクセラエディタを開いてください。

切り出したい画像の大きさを確認してください。今回はサイズは幅450px×高さ300pxにしたいと思います。まずは画像を開いてください。

ピクセラエディタ 最初の画面ピクセラエディタ 切り抜く 画像を選択

開いたら画像のサイズを指定していきます。

Pixlr Editorでそれぞれの長さを指定

今回はサイズは幅450px×高さ300pxに指定してください。この際に幅や高さを指定する前に必ず固定化のところを「出力サイズ」にしてください。自身でサイズが選べない場合はここのが固定化になっているのがほとんどです。

ピクセラエディタ 幅指定 高さ指定

画像切り抜くサイズを決める

画像の切り抜くサイズを決めよう。この際マウスを話してしまっても角の青い四角を再度クリックしていただければサイズを再度修正できます。白い四角の中をクリックして切り取る場所が動かせます。

この際四角で囲まれているサイズが自然と指定した幅450px×高さ300pxになっています。全体のバランスを切り抜いてください。

この四角の外をクリックしていますと画像の適用をしますか?(切抜きしますか?)と訪ねてきます。問題がないようならはい。何か変更したいようならいいえを押してください。

ピクセラエディタ 切抜き画像のサイズ

保存は場所を指定しましょう

画像の保存は必ず場所を指定するようにしましょう。どこに入れたのか分からなくなると探すのに苦労をしていまします。必ずわかるとっ頃に保存をしていください。

ピクセラエディタでは上記の画像で適応して右側の×ボタンで削除しようとしても必ず保存をしますか?と聞かれるので直ぐに作った画像が消えないのも魅力の一つです。

 

ピックアップ記事

  1. Facebook(フェイスブック)ページを変えたらブログアクセスが
  2. ロゴ作成で大切なこと
  3. フェイスブックでブログのサムネイル(OGP)画像の確認方法
  4. ロゴ作成ってどうするの?
  5. マーケティングに大切なもの、第二章

関連記事

  1. フェイスブック フォロー

    WEB知識

    Facebook(フェイスブック)の好かれるプロフィール

    Facebook(フェイスブック)は、様々な人が使っていてサロンの宣伝…

  2. POP 書き方

    スキルアップ

    魅せるPOP(ポップ)デザインを作る方法

    POPとは集客や販売における様々ツールとして使うことができます。使うな…

  3. 画像に文字を重ねる

    WEB知識

    画像に文字を入れたり、画像を重ねる方法

    ホームページやブログなど、やっている方が非常に多くなってきていますが、…

  4. スキルアップ

    価値観を変えることで生まれる『カタチ』

    今回は、価値観を変えることで生まれる『カタチ』についてマーケテ…

  5. 時間ない 時計

    スキルアップ

    サロン開業までに集客ツールを作る期間と流れは意外に短い

    サロン開業までのお手伝いを色々としておりますが、サロン開業に向けては資…

  6. 目 画像

    WEB知識

    WordPress(ワードプレス)でアイキャッチ画像を設定する

    Wordpress(ワードプレス)で記事などを書く際ですが、記事を書く…

  1. 商品 売上 粗利

    スキルアップ

    どの商品で勝負をするのか?
  2. 充電

    充電スポット

    あざみ野駅|充電スポット
  3. 街の写真

    マーケティング

    店舗をオープンする前に地域を研究する
  4. Affinity Photo 画像を丸く切り取る

    WEB知識

    Affinity Photoで画像を丸く切り取る方法
  5. 街の広告 写真

    スキルアップ

    WEBも看板も見てもらえる広告の共通する点とは
PAGE TOP