フェイスブックページ とは

WEB知識

Facebookページと個人ページとの違いとは

お店の情報などをお客様の届ける時にFacebook(フェイスブック)ページ等を使い宣伝をすることが多いと思います。Facebook(フェイスブック)ページでは、様々なデータが取れたり見てくださるお客様にしっかりと情報を伝えることが出来るので活用しない手はありませんよね。

個人ページとFacebook(フェイスブック)ページの違い

よくFacebook(フェイスブック)をやっていれば、それで良いと思っている方がいますが、お店などのオフィシャルの情報を個人ページで出すのであれば、Facebook(フェイスブック)ページを使い使い分けた方が良いと思います。では、個人ページとFacebook(フェイスブック)ページは何が違うのでしょうか?

個人ページ

  • 本名でのみ登録可能(医院名や商品名、サービス名等はNG)
  • 友達申請ができる(5000人まで)
  • 友達になった人の個人ページに「いいね!」や書き込みができる
  • 自分が「いいね!」をしたFacebookページに書き込みができる
  • 広告は出せない
  • インサイト(アクセス数やいいね!数を調べる機能)は使えない
  • Facebookにログインしている人しか見れない
  • 投稿した内容は、YahooやGoogleには基本的に引っかからない
    (SEO効果はない)
個人ページを簡単にいうと

ある程度の制限があり情報の発信ができるのが個人ページです。

Facebook(フェイスブック)ページ

  • 本名以外で登録可能(医院名や商品、サービス名などでもOK)
  • 友達申請はできない
  • Facebookページの「いいね!」を押してくれた人は、
    友達ではなく「ファン」として扱われる
  • ファンの人数は無制限
  • Facebookページに投稿した内容は、
    ファンのニュースフィード(お知らせ欄)に表示される
  • 他の人の個人ページに書き込みはできないが、
    自分のFacebookページに投稿された書き込みに対して、
    返信コメントを書くことはできる
  • 他の人のFacebookページに書き込みができる
  • Facebookの広告が使える
  • インサイト(アクセス数やいいね!数を調べる機能)が使える
  • Facebookにログインしていない人でも閲覧できる
  • 投稿した内容は、YahooやGoogle等の検索エンジンの検索対象になる
    (SEO効果あり)
Facebook(フェイスブック)ページを簡単にいうと

店舗の広告なども出せたり、データなどが取れたり、知らない人と多く繋がれるページという事です。

 

 

ピックアップ記事

  1. ウェブデザイン技能検定3級 合格しました。
  2. Facebook(フェイスブック)ページを変えたらブログアクセスが
  3. 大阪で2つのセミナーを開催します。
  4. ロゴ作成で大切なこと
  5. フェイスブックでブログのサムネイル(OGP)画像の確認方法

関連記事

  1. SSL保護されていない通信

    WEB知識

    SSL|保護されていない通信ってなに?

    お客様からのお問い合わせで多くなっているのが、SSLについてです。ドメ…

  2. エキ

    WEB知識

    サロン集客にエキテンを使い地域のコアユーザーを集めよう!

    サロン集客にエキテンを使い地域のコアユーザーを集めよう!ってエキテン?…

  3. フェイスブック フォロー

    WEB知識

    Facebook(フェイスブック)の好かれるプロフィール

    Facebook(フェイスブック)は、様々な人が使っていてサロンの宣伝…

  4. WEB知識

    いいホームページを作る為に考えなければいけないこと

    ホームページを作るのであれば、ただ作るだけでなく『より実になるサイト』…

  5. ブログを書く

    WEB知識

    ブログ機能が検索エンジンに有利になる理由

    最近では、ホームページ作成会社から『Word Press(ワードプレス…

  6. WEB知識

    Photoshopを使わずに画像加工をする無料ソフト

    サイト作成・バナーの作成などをする際はAdobe Photoshop …

  1. POP 書き方

    スキルアップ

    魅せるPOP(ポップ)デザインを作る方法
  2. 街の写真

    マーケティング

    店舗をオープンする前に地域を研究する
  3. インターネット

    マーケティング

    インターネットが苦手な方へ
  4. 看板 書き方

    マーケティング

    店舗前の看板を使いこなす4つの方法
  5. 雪 差別化

    スキルアップ

    ちょっとした投稿でも差別化を図る
PAGE TOP